研修記 - 第14回ヨーロッパ・マルチメディア研修 6日目 -

第14回ヨーロッパ・マルチメディア研修 6日目

8月6日(月)
今日の通訳の佐藤さんが「強い会社を作りなさい」を持って来た。本にサインをして、新刊をプレゼントした。
img

s確実とうって変って道路は渋滞。
img

フランス企業視察。セルヴェール社。世界第3位。フランス1位の機内食会社。パリ空港だけで、1日10万食を供給。
img

フランスを代表する料理人ジョエル・ロブションが代表を務める料理スタジオも創設。
img

フランスの強さは公的研究機関の他国より大きい。65のクラスター(産業集積)と7,200社(機関)が参加。
img

世界一はドイツ、2位はスイスの機内食の会社。
img

20年以上海外でベンチマーキングに行ったが、パスポート持参は初めて。
この建物はフランスであって、フランスでない。
img

パスポートを出して、IDカードをもらう。パスポートは帰りまで預けておく。
img

2時間前に食事をしたのに、機内食を出される。クロワッサンは美味しかった。
img

世界の60か所に拠点がある。中国には3か所。日本にはない。
img

JAL専門の林料理長。埼玉県出身。
img

プレゼンはCARBON副社長。5年前にドイツのライバル会社から移籍。JALはファースト・ビジネスの機内食原価を30%UPさせている。
img

機内食・機内清掃・障碍者のアシスタントサービスなど。21か国、74か所。
img

セミナールームの前に飛行機が見える。飛行場の中に会社がある。工場の屋根の部分。工場は撮影禁止。
img

100の航空会社に25万食を提供。従業員は世界で1万人。新規事業でラウンジの運営。
img

見学終了後、食事。
img

1974年空港が出来た時に開設。直接飛行機に納品出来るのが最大のビジネスモデル。
img

建物は4万ヘーベイ。4階建て。3.5万食生産。24時間営業。
img

免税・保税区域に指定。
img

賞味期限は色で見える化。48時間が期限なので、2色。
img

クリーンネスはハイレベル。1日2回ユニットを止めて掃除をする。
img

ガスは使わない。熱は直ぐにバキュームで吸い上げる。
img

作業はものを持って運ばない。持たない。押す。作業は屈む作業が無い。機械で出来る。
これは優れものの機械だった。ノウハウなので書けない。
img

コンベアーは極端に少ない。
img

芯温にするために急冷室がある。如何に早く冷やすかが、菌を繁殖させない技術。マイナス13度以下にする。
img

ドライアイスは基本的に使わない。作業手順はタッチパネルで、オンライン。
img

IDカード。
img

トラックコントロールが命。飛行機の離陸・到着・遅れの情報がリアルタイムに表示される。
img

トラックはカーナビで位置情報がリアルに。
img

配車オペレータは、1日のスケジュールをA1の大きさでプリントしてアナログでチェック。
img

トラック名・チーム・飛行機の駐機場所をチェック。ダブルチェックもアナログ。
img

壁が無い。あってもガラスで中が見える。金網で作業スペースが分かれる。
img

食事はこれで運ばれて来た。この中に物を入れるのに屈まない技術は感動した。単純だった!!!!!
img

タバコは建物の外で。
img

補助金が出たり、CIR(研究開発税控除)がある。
img

Comments are closed.