研修記 - 第16回ヨーロッパ・マルチメディア研修 4日目 -

第16回ヨーロッパ・マルチメディア研修 4日目

 

朝起きたら、決裁が63もある。えーー。
東京都の最低賃金がアップしたから。ホテルのネット使用料が無料になる。
羽田空港で、借りたルータよりも電波が強い。
日本から持って来た携帯電話は一度も使っていない。仕事は、iPad miniとアイホーンでしている。

1

 

2
デパート引き回しの刑。
GODIVAのチョコレートもMARIAGEも地下の食料品売り場でそれなりの価格で販売されていた。
本命のMAXIM’S  PARISは3棚にある。通路が広く買いやすいデパートだった。


3
パリ国立音楽大学。

4
パリハーモニーポール。ポリーニさんなどが演奏する。


5
6
7
1、不動産は所有、より賃貸が多い。
2、戸建てパリ市内1%から2%
3、賃貸の借りる手数料は個人契約の場合。平米数で変わる。
4、賃貸の借りる手数料は会社契約の場合。家賃の1ヶ月+付加価値税20%が主流
5、物件の所有する場合売買手数料金額が変わる。
6、売買手数料最大7%
7、売買手数料最小4%
8、例外売り金額が100000ユーロ以下は固定
9、店舗を借りる時は賃貸契約以外に店舗の営業権が必要。
10、営業権はfonds de commerceと言う。
11、営業権の中には店舗の使用料以外に、ライセンス、家具類、内装、顧客リスト、卸売業、営業ノウハウ等が含まれる。
12、賃貸契約はdroit de bailと言う。
13、契約期間は物件にもよるが9年がベース。
14、パリ市内ではないが古城まで売買されている。
15、上の物件住めますよ。
16、パリの不動産会社は探せば日本人スタッフが居る会社が多い。
17、パリの賃貸物件は家具付きが多い。
18、物件の一階はテナントが多い。
19、一階に住居は治安の問題がある。
20、賃料と別に管理費がある賃貸物件が多い。
不動産会社ベンチマーケティングの結果です。


8
フランス・ブルゴーニュ地方の最北に位置するシャブリ地区のバス往復の車中で、2時間30分話をした。
渡邊・高橋社長の気づきから、多くの決定をした。過去の指導が熟成されて、飛躍を感じ取った。
伊達に若い社長に教えていない。

	
Comments are closed.